早水公園

早水公園は、いわゆる緑化植物園で、霧島四十八池の一つとされる豊富な湧水を源とした6つの池の周囲に、アヤメ園、万葉植物園、体育文化センター、緑の相談所、遠的弓道場、児童プール、遊具などの施設を設置しています。

都城市民が自然と触れあえ、またアクティビティの場として親しまれています。

この池の湧水は、髪長姫(仁徳天皇妃)が産湯に使ったとという伝説があり、池のほとりには姫を祀る早水神社が鎮座しています。

もうすぐ楽しみなのがアヤメです。

4月末から5月初めには、約2万8千株42万本のアヤメが咲き誇り、素晴らしい情景が心に残ります。

ちなみに、早水公園の前身は昭和32年に開設された市立植物園です。

百合が原緑のセンターの温室では、約250種類のツバキや約100種類のアザレアが冬から春にかけて見事な花を咲かせ、多様な花木を見ることができますから、是非観ておきましょう。

また、夏の暑さを嫌うフクシアやゼラニウムのほか、約1500種類の植物が栽培されています。

四季折々の珍しい花が見られますから、その折々に緑化植物園に行ってみてはいかがでしょうか。

兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館は、兵庫県淡路市にある淡路夢舞台内に設置された緑化植物園です。

2000年に開館した新しい植物園ですが、展示温室の延床面積は6700平方メートルで、咲くやこの花館(6900平方メートル)に次ぐ日本第2の規模を誇っています。

天井の高さがスケール感をさらに増していて、館内は共生文化ゾーンと花と緑の暮らしゾーンで構成されています。

感動創造をメインテーマとする芸術と緑花を融合させた新しいタイプの展示空間となっています。

都市緑化センター、いわゆる緑化植物園は、人と緑が紡いできた歴史や文化を子どもからお年寄りまでが楽しく学べるようにと整備されたセンターです。

花と緑に関する質問に答えてくれる専門家による緑の相談コーナーや実習温室、庭園見本園、あるいは花と水の広場など楽しいスペースが設けられています。