百合が原公園

百合が原緑のセンター

百合が原公園は、札幌市の中心部より北東8kmに位置します。敷地面積25.4haの総合公園です。

約6400種類の植物が育てられ、そのうち耐寒性植物は約3500種類にのぼります。

原種ユリの栽培数70種は他に例を見ません。ロックガーデンでは約600種類の高山植物、極地植物が咲き乱れています。

温室ではこの他にも、バラ属、ライラックが栽培されています。

約100種類のアザレアや約250種類のツバキが見事な花を着け、冬から春にかけ見ることができます。

その他にも、約1,500種類の植物を栽培しています。

園内の施設には、のんびりと公園を一周出来るリリートレインがあり、沿線では春のムスカリ、夏の芍薬、ラッセルルピナス、ユリ、 晩夏のダリアの他に、さまざまな花が見られます。一周約12分かかります。

レストラン百合が原には、着席で食事ができる他、テイクアウトコーナーがあります。

ガーデンショップでは、バラの苗、草花や野菜の他、植木鉢やガーデンファニチャー等を販売しています。

芝生広場公園には、中央部に約2haの芝生広場があり、ハルニレの森づくり発祥の地でもあります。

遊具広場には、カナダ、デンマーク、スウェーデンなどの北国から来た大型遊具があり、子どもたちで賑わっています。

その他、パークゴルフ場、サイロ展望台があります。

【所在地】
北海道札幌市北区百合が原公園210番地